痴漢に遭わない対策法

痴漢に遭いやすい服装・時間

痴漢に遭いそうな時の対策
被害に遭いそうな時の痴漢対策についても知っておきましょう。最初からがっしり触ってくるというより、徐々に触ってくる人が多いようなので、最初のうちは何となくおかしい気がするという程度です。ですが、それをそのままにしておくと被害に遭ってしまうことになるので、早目の痴漢対策を考えておきましょう。電車内で犯行に及ぶ人は、最初は軽く触って騒がないか様子を見ます。ここで大人しくしてしまうと、徐々に行動がエスカレートしてくることになるので、確実に犯人であるという確信が得られなくても痴漢対策を実行しましょう。おす...
痴漢に遭いやすい人
被害に遭いやすい人というのを知っておく事で、自分が痴漢対策を考えておいた方が良いかどうかというのを知ることが出来るでしょう。よく言われるのが、触っても騒がないようなおとなしい人です。例えば、電車の中でもマナーを考えずに携帯電話で大声で話しているような派手な人と、本を読んで静かにしているような人であれば、どちらが騒ぐ可能性が低いかというのは言うまでも無いでしょう。実際に被害に遭った人の中には、派手な人が狙われやすいと勘違いしていたので痴漢対策をしていなかったという人が多いようです。もちろん見つかっ...
服装で痴漢対策
服装を注意するだけでも痴漢対策になるのです。まず、露出が多すぎない服装を基本と考えましょう。冬場は厚着になることが多いですが、夏場は下着が透けて見えたりしていないか、自分でしっかり確認してから服を選びましょう。スカートが短すぎるというのも問題です。スカートよりもパンツスタイルのほうが被害は少ないので、電車に乗る時だけでもスカートを避けたり、あとから着替えるようにしたほうが良いかもしれません。男っぽい服装をする事で痴漢対策効果が高いと言われています。ただ大きめの服を着ればいいというわけではなく、フ...
痴漢対策の変装
痴漢対策の一環として、変装するのも場合によっては効果的だと言われている事をご存知でしょうか。例えば、いつも利用している通勤・通学の電車内で決まって被害に遭ってしまっているという人は、見た目を覚えられてしまっている可能性があるので、変装は大変有効な痴漢対策となります。簡単なところだとカツラですね。イメージを大きく変えることが出来るので、服装のイメージも一緒に変えてみましょう。明らかに自分がターゲットにされていると感じている場合は、メガネをかけたりするだけでも大きな効果が得られます。普段からメガネを...
制服の痴漢対策
最も被害に遭っている年代と言われているのは20代だと言われていますが、女子高生の被害もたくさんあるようです。また、泣き寝入りしている人の数を入れると、もしかしたら20代の人よりも制服を着ている女性のほうが被害が多いという可能性もあるでしょう。電車で学校に通学しているという人は、しっかり痴漢対策を考えておかなければなりません。特に有効だとされている痴漢対策は、制服のスカートの下にジャージを着るという方法です。やはり、足が見えていないほうが被害に遭う確率が減るそうです。制服=かわいいものだとおもって...

痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢に遭いやすい服装・時間