痴漢に遭わない対策法

集団痴漢対策

集団痴漢というものが大変問題になっています。

 

あまり聞き慣れない言葉だとは思いますが、インターネット上などでは情報のやり取りが行われるなど、女性は注意して対策を練りたい問題行動の一つなのです。

 

その名の通り、集団で行為を行う悪質な犯罪のことで、ターゲットの女性一人に対し、数人の男性が取り囲んだ上で犯行に及ぶのです。

 

女性が痴漢対策として出来ることは、まず第一に男性ばかりいる所に立たないということです。

 

基本的に、女性の四方を囲んで犯行に及ぶスタイルなので、最低でも4人の男性が周りを囲むことになります。

 

明らかに知りあいの男性が4人というわけではなく、年代も職業も違うような人が実は仲間というパターンが多いのだそうです。

 

これは、インターネット上で仲間を募るのが理由であり、場合によっては10人近くが共犯となり、周りにバレないように壁を作ってしまうのです。

 

痴漢対策の一つとして、異変を感じたら周囲に助けを求めるということが挙げられますが、周りがみんな敵という状況になってしまうので十分な注意が必要でしょう。

 

電車に乗り込む前にターゲットを絞り、電車が来るのを待っている時間に既に囲まれてしまっている危険性が高いので、痴漢対策は電車に乗ってからでは遅いのです。

 

女性専用車両がない場合は、ホームに並ぶ際にも周りをよく見渡し、男性ばかりだと感じた場合には列から外れたり、隣の列に移動するなどして痴漢対策を心がけましょう。

 

被害に遭ってからでは遅いので、十分な注意が必要です。

集団痴漢対策関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

集団痴漢対策