痴漢に遭わない対策法

男性の痴漢冤罪について

女性が痴漢対策について考える上で考えたいのが、冤罪の事です。

 

テレビドラマや映画でも取り上げられたことがある問題なので、自分が被害に遭った際に冤罪が怖くてすぐに声を出すことが出来ないという人もいるのではないでしょうか。

 

まず、女性の人が考えておきたい冤罪痴漢対策としては、最初に証拠を取っておくということが大切です。

 

相手がすぐに認める場合は別ですが、なかなか罪を認めない場合、証拠がないと本当にその人が犯人なのかどうかが分かりません。

 

冤罪痴漢対策として、携帯電話の動画撮影は実行しておいた方がよいでしょう。

 

この時、触っている手だけを撮影しても、具体的な特徴が分かりづらいです。

 

ですから、出来れば手〜体まで撮影できるようにしましょう。

 

更に出来るようであれば顔まで撮影するのがベストでしょう。

 

それから、思い込みも危険なのです。

 

例えば、見るからに怪しい人がいるから絶対にこの人が触っているという思い込みです。

 

実はこのパターンが結構多いようなので、注意して痴漢対策をしましょう。

 

とあるOLの人が、いつも通勤の際に被害に遭っていて、被害に遭う際には決まって同じ男性が後ろに居たので、絶対にその人が犯人だと確信を持っていたそうなのです。

 

しかし、数日後また被害に遭っている最中に、ちょっと離れた場所にその男性がいるのを発見し、その人が犯人ではない事に気付いたとか…。

 

もし思い込みのままでその人を断定して駅員に通報などしたら、立派な冤罪が成立してしまうので、女性の側も十分注意が必要です。

男性の痴漢冤罪について関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

男性の痴漢冤罪について