痴漢に遭わない対策法

痴漢の罪の重さ

被害に遭っても駅員に報告したり騒いだりしないという人の中には、罪の重さを理解していない人もいるようです。

 

痴漢対策を考える上で罪の重さを知っておくと、どれだけ大きな犯罪なのかも見えてくると思います。

 

まず、どういった裁かれ方をするかというと、その方法は2種類あります。

 

状況などによってどちらで処罰されるかは異なりますが、1つ目は6カ月以上10年以下の懲役となる強制わいせつ罪です。

 

こちらは、基本的に下着の中にまで手を入れてくる様な場合に適用されます。

 

逆に下着の上から触られた場合は、迷惑防止条例違反となり、こちらは5万円以下の罰金が科せられます。

 

女性からすれば、服の上からでも下からでも痴漢対策が必要な行為であるという事には変わりないのですが、刑の違いがあるのです。

 

逆に言えば、犯行に及ぶ側からしても重い罪ではない、下着の上からのみ触るといった痴漢行為をしている人が多いようです。

 

女性が痴漢対策を考える上で覚えておきたいことは、痴漢は先に説明したような罪にあたる行為であるということなのです。

 

ただ駅員さんに注意されただけでは済まされない犯行というわけなので、見て見ぬふり、泣き寝入りをするのではなく、しっかりとした痴漢対策を取って被害に遭わないようにしなければなりません。

 

仮に被害に遭ってしまった場合は、勇気を持って駅員や警察につき出すことが必要です。

 

男性の中には、手のひらで触らずに手の甲などで触るのならば罪にならないと考えている人もいるようですが、これも同じく訴えることが出来る痴漢行為なのです。

痴漢の罪の重さ関連エントリー


痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢の罪の重さ