痴漢に遭わない対策法

痴漢の対策法

痴漢対策グッズ
それほど価格が高いものではないので、痴漢対策グッズも取り入れてみてはどうでしょうか。防犯ブザー系のものであれば、1,000円を切る価格で販売されているものも多いです。いざという非常事態に大声を出すことが出来るかというのは、人によって違いがあります。自分でも驚くくらいの大声が出たという人もいれば、普段は大きな声で話をしているのにも関わらず、全く声が出なかったという人もいます。自分がどちらになるかはその時になってみないと分からないので、万が一のことを考えて痴漢対策グッズを用意しておくと安全です。テレ...
痴漢にあたる行為
痴漢対策について考えるということは、行為の内容などについて知ることでもあるのです。何が痴漢行為にあたるのかが分からないと、詳しい痴漢対策を立てることが出来ないからです。まず知っておかなければならないのが、どの程度の行為が「痴漢」として判断されるのかという点です。これを知っておかないと自分が被害に遭ってしまった場合に、もしかして勘違いかもとか、この程度でそうとはと言わないのかも…といった迷いが生まれてしまい、痴漢対策も遅れてしまいます。例え直接肌に触れていなかったとしても、服の上から胸や腰、お尻や...
痴漢対策と我慢の危険性
痴漢被害に遭っているにもかかわらず全く対策を取らないという人も中にはいます。特に多い理由として挙げられているのが、何とかしなければならないという意識よりも恐怖心のほうが勝ってしまい、我慢していれば行為は治まると思っている場合です。ですが、実際に被害に遭っているのにそれを我慢しているという人の意見を確認すると、行為は治まるどころかどんどんエスカレートすることが多いようです。これは触る人の立場から考えると分かりやすいでしょう。電車を例に考えた場合、毎回違うターゲットを探すよりも、騒がない安全性が高い...
痴漢対策は始めが肝心
まだ被害に遭っていない人が痴漢対策として覚えておいたほうがよい事は、一番最初に被害に遭った時が肝心だということです。実は、常習犯の前に居たとしても、被害に遭いやすい人と遭いづらい人というのがいるのです。これは、見た目が派手で騒がれそうといった理由も関係していることが多いようですが、初めは様子を見るために軽く触るという人が大半のようです。痴漢対策を考える上で大切なのは、この様子見の段階できちんと痴漢対策が取れるかどうかだと思っておきましょう。ほとんどの場合が全く見ず知らずの女性に対して行為に及ぶわ...
痴漢対策の相談
痴漢対策の方法として、誰かに相談するというのも一つの手です。被害に遭いやすい人というのがいますが、本人はどうして自分が狙われるのか理解出来ていないことも多いのではないでしょうか。ですが、周りから見ると隙があったり、露出が多いなどの理由が分かる場合もあります。一人で考え込んでしまうことは良くないので、痴漢対策の一つとして誰かに相談するようにしましょう。相談せずに一人で痴漢対策を考えている人の中には、恥ずかしいとか自分が悪いと思っている人もいるようです。しかし、放っておいてもいつまでたっても解決しな...
交通手段で痴漢対策
交通手段で出来る痴漢対策を考えてみましょう。まず、犯行が発生しやすい環境の第一位が電車内であるということを考えると、避けられるのであれば電車を避けるという対策もあります。どうしても電車を利用しなければならないのなれば仕方がありませんが、そうでないのであれば、その他の交通手段を検討してみてはいかがでしょうか。電車に加え、駅構内も被害が多い場所なのです。電車という選択肢を避けるということは、駅構内での被害を避けるという事にも繋がるので、自転車などの交通手段が選択出来ないか考えてみましょう。ただ、電車...
表情で痴漢対策
道具を用意しなくても簡単に出来る痴漢対策としてよく挙げられる方法が、表情に気を付けるという方法です。データ上、機嫌が悪そうな女性に対しての被害が減ったという結果が出ているそうなのです。別に機嫌が悪くなかっても機嫌が悪い顔つきというのは出来ると思うので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。しかし、これは電車などで後ろから触ってくる人への痴漢対策としてはあまり効果は無いでしょう。電車など四方を人に囲まれた場所で出来る痴漢対策としては、下を向かないということです。やや上を向いている人よりもやや下...
痴漢対策の情報
痴漢対策に関する情報は、インターネットなどで入手することが可能です。例えば、どこの電車に防犯カメラが取り付けられているのかなどです。具体的な痴漢対策についても情報を集めることが出来るので、自分でどのように痴漢対策を取ったらいいのかが全く分からない人も参考にしてみましょう。意外に役に立つのが、市や町が提供している情報なのです。インターネットを使っている人でも、自分が住んでいる地域のホームページを見たことがないという人もたくさん居るのではないでしょうか。ですが、不審者の情報などが提供されています。例...
痴漢対策カメラについて
痴漢対策として防犯カメラが設置されている所があります。例えば、電車内でも取り入れているところが増えてきていますね。女性のほとんどからすればありがたい話なのですが、プライバシー保護の観点から、あまり好ましくないと感じている人も多いようです。自分がいつも乗っている電車に防犯カメラが設置されているかどうかを確認するには、車両内を見まわしてみるといいでしょう。バレないようには設置されていないので、設置されている場合は「防犯カメラ作動中」と張り紙が貼られた機械が見つかるはずです。ただ、防犯カメラが設置され...
痴漢対策に使えるアイテム
痴漢対策に使えるアイテムはたくさんあります。例えば、どこからどう見ても防犯グッズだと分かるものですね。防犯ブザーなどが代表です。それから、誰もが持っている携帯電話も痴漢対策として有効なアイテムの一つです。近年は、防犯ブザーが搭載されている携帯電話などもあり、気になるという人はショップの店員さんに確認して、防犯機能が優れているものを購入するといいでしょう。意外とおすすめなのが鏡です。特に、電車での痴漢対策を考えている人には是非とも持っておいてほしいアイテムでしょう。これは、ファンデーションについて...
痴漢対策の考え方
痴漢対策を考える女性のほとんどが、実際に一度被害に遭ってしまった人です。被害に遭うまでは自分には無関係だと思っていたり、あまり深く考えなかったという理由で痴漢対策を取っていなかったという人がたくさん居ます。ですが、実際に一度被害に遭ってしまっている人というのは、狙われやすい状況にある人かもしれないと考えることが出来るでしょう。自分は絶対に大丈夫と思っている人でも被害に遭うことはありますので、自分の基準は犯行に及ぶ人の基準と合致しないと自覚しておくことが重要です。大切なのは、前もって予防策を取って...
痴漢を捕まえる
痴漢対策を考えるだけでなく、捕まえるにはどうしたらいいのかと考えている人もいるかと思います。嫌な思いばかりをするのはうんざりなので、痴漢対策をするだけではなく捕まえて警察につき出したいという人もいるでしょう。しかし、テレビなどでも冤罪が話題になっているのは有名な話です。もしかして自分が捕まえたとしても、その人が犯人じゃなかったらどうしよう、と迷ってしまうこともありますよね。特に有効な方法とされているのが、携帯電話を利用した動画の撮影です。実際に触っている手などを撮影することにより、服の特徴などか...
痴漢検挙数を知る
痴漢対策の一つとして、検挙数を知っておくというのもお薦めです。検挙数が多ければ多いほど、頻繁に被害が報告されている場所だと言うことも出来ますよね。そういった場所の電車に乗る場合などは、少なからず痴漢対策を考えていったほうがよいでしょう。電車の場合、特に検挙数が多いのがJR埼京線と言われています。とにかく被害がダントツで最凶線と表現する人までいるくらいなのです。更には全国で検挙された総数の10%〜15%程をこの埼京線が占めているというのですから、どれだけ被害が多いかがわかるでしょう。続いて、JR中...
携帯で痴漢対策
携帯電話の痴漢対策も実践している人がとても多いそうです。例えば、暗い夜道で電話をしながら帰るというものが一般的ですね。誰かと連絡を取り合っている人をターゲットにするというのは、犯行に及ぶ側からしても大変リスクがあることなので、有効な痴漢対策の一つだと言えるでしょう。特に、全く人通りの無い道を通る場合は、大きめの声で話しながら早歩きで歩くようにしましょう。しかし、毎日仕事が遅くなって、誰かに毎日電話するわけにはいかないという人もいると思います。その際には電話している「フリ」だけでも十分に効果があり...
痴漢の罪の重さ
被害に遭っても駅員に報告したり騒いだりしないという人の中には、罪の重さを理解していない人もいるようです。痴漢対策を考える上で罪の重さを知っておくと、どれだけ大きな犯罪なのかも見えてくると思います。まず、どういった裁かれ方をするかというと、その方法は2種類あります。状況などによってどちらで処罰されるかは異なりますが、1つ目は6カ月以上10年以下の懲役となる強制わいせつ罪です。こちらは、基本的に下着の中にまで手を入れてくる様な場合に適用されます。逆に下着の上から触られた場合は、迷惑防止条例違反となり...
男性の痴漢冤罪について
女性が痴漢対策について考える上で考えたいのが、冤罪の事です。テレビドラマや映画でも取り上げられたことがある問題なので、自分が被害に遭った際に冤罪が怖くてすぐに声を出すことが出来ないという人もいるのではないでしょうか。まず、女性の人が考えておきたい冤罪痴漢対策としては、最初に証拠を取っておくということが大切です。相手がすぐに認める場合は別ですが、なかなか罪を認めない場合、証拠がないと本当にその人が犯人なのかどうかが分かりません。冤罪痴漢対策として、携帯電話の動画撮影は実行しておいた方がよいでしょう...

痴漢に遭わない為の対策を分かりやすく紹介します

Copyright (C) 2010 痴漢に遭わない為に出来る事 All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

痴漢の対策法